読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

印刷の品質は印刷機で決まる!所有のプリンターは何が良い?

今ではインターネットで安く高品質の印刷が可能なうえ、ラクスル印刷は納期も早く高評判。家庭用のプリンター使い方次第でコストもほぼ変わらない時代です。プリンターはキャノンやエプソン、リコーなど様々有りますがあなたの所有するプリンターとは何か教えてもらいました。

6色刷りで発色が印刷方法によって多様!

f:id:tarumaesan42:20170126202350j:plain

 

機種 キャノン MG7730
2016年2月 使用歴、1年くらい

家電量販店にプリンターを見に行き、レザープリンターまでとはいかないものの、「家庭用のプリンターとしては十分発色がきれいなインクジェットプリンターの6色刷り」のものを選びました。値段がレザープリンターより安いのも魅力の1つ。

自作のポストカードを通販で販売しているのですが、そのポストカードは自宅のインクジェットプリンターで1枚1枚制作していて、マットフォトペーパー用紙や光沢写真用紙でそれぞれ雰囲気が合うように印刷しています。印刷用紙とそれにあった「印刷方法に印刷設定に変えるだけ」で驚くほど仕上がりが違います。
同じ絵を印刷しても全く違う色合いになるのです。
マットフォトペーパーは暗い色に深みを持たせることは難しいのですが、全体的に温かみのある仕上がりに。光沢用紙は暗い色の深みが表せ、より明瞭に、はっきりとした輪郭で対象が描き出されます。
同じ印刷機を使っていてもこのように設定を少し変えるだけで幅が出来、おもしろいものになるでしょう。

「印刷機のホーム」が正面ではなく上についているため、パソコンの上に印刷機を置くと、ホームが見づらい。
印刷設定で前の世代の印刷機にはあった後ろトレイからではなく、中トレイから光沢用紙や厚手用紙、封筒の印刷をする時に、摩擦発生して紙同士がくっついて出てきてしまうため連続印刷出来ないので、面倒ではあるけれど1枚1枚印刷しなければならないのもネック。


画質品質は印刷設定できれいを選択すると時間は比較的ゆっくりなものの、印刷物自体はきれいに印刷されます。また、印刷時の音がほとんどしないのが良い点だと思われます。なので、家族が何かに集中しているとき、また、テレビを見ている時に印刷をしても全く邪魔になることはありません。