読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

印刷の品質は印刷機で決まる!所有のプリンターは何が良い?

今ではインターネットで安く高品質の印刷が可能なうえ、ラクスル印刷は納期も早く高評判。家庭用のプリンター使い方次第でコストもほぼ変わらない時代です。プリンターはキャノンやエプソン、リコーなど様々有りますがあなたの所有するプリンターとは何か教えてもらいました。

シニアには導入が難しい新製品、迷ったらネット印刷

ネット印刷

f:id:tarumaesan42:20170328143706p:plain

父(88歳)が従来使っていたものが壊れたとのこと、急いで印刷したいものがあったらしく、近くのコジマで、安いうえに更に値引き交渉して購入してきたようです。

購入してきたものの、自分でセットアップするのをためらって、息子の私(56歳)に使えるようにしてくれと電話してきました。

USBケーブルでの接続は推奨では無い?

まあ、すぐに終わるだろうと行ってみたところ、驚いたのはUSBケーブルでの接続はあまりお勧めではないような感じのセットアップの手引きとなっていた点です。
今はスマホなどからも手軽に印刷できるように無線のニーズが高いからでしょうか。
基本はWiFiで、ルーター経由かアドホックかで接続することを前提としている感じです。
父のような年寄りにはWiFiでの無線接続よりか確実な有線ケーブルのほうが良いと思い、以前の機種で使っていたUSBケーブルで接続しました(USBケーブルは標準では付いていません)。
インストールはメーカサイトにネット接続して進める感じでしたが、付属CDもあったのでそれでプリンタドライバなどをインストールしようとたのですが、最新ドライバを入手するチェックボタンを押したためか、結局ネットから最新ドライバその他をダウンロードしてインストールした感じです。まあ、そこまでは未だ予測内でしたが、今後、父が使い方などで電話でサポート受けられるようにと、ユーザー登録しようとしたら、自動でパソコンに接続されたプリンタを探して登録する仕組みとなっていました。
そこでUSBケーブルで接続したプリンタを見つけてくれると思いきや、いつまでも探し続けています。
そして結局表示されたメッセージは「プリンタが見つかりません」。
なんとUSBケーブルで接続したプリンタは探せないようです。
そして書いてあることは、無線LANで接続しなおせば探せる、とのことです。
それでは、USBケーブルで接続してきた意味が無く最初からWiFiで接続するように進めればよかったことになります。まあ、印刷自体はできるので、ユーザー登録は諦めることにしました。
電話でサポートを受ける必要がでてきたらその旨を言うように父に伝えた次第です。
<液晶ディスプレイが小さい>
以前使っていた同メーカの機種よりも画面が小さくなっていました。
この小ささは父みたいなシニアにはきついです。父もぼやいていました。

プリンタ側で用紙情報を保持しすぎ

とりあえず、印刷できるようになったので、給紙トレイを引き出してA4紙をセットして本体にトレイを収めました。
すると、「この位置情報を登録しますか」みたいなメッセージが影響画面に都度表示されます。
また用紙の種類(写真用紙、普通紙)もプリンタ側で保持している情報があるらしく、パソコン側で用紙を変えて印刷するたびに液晶画面にプリンタ側で持っている用紙情報と異なるがどうするか?と印刷が中断します。
この状況を父は理解できず、まあ、一般のシニアにもわかりづらいと思います。プリンタ側で保持している用紙が異なってもいちいち尋ねてこない設定がありましたので、それでようやくパソコン側からの指示通りの用紙で印刷できるようになりましたが、これはわかりづらいと思います。

<もう少し優しいユーザーI/Fに>
まずは、プリンタ側で保持する情報とのチェックをデフォルトで無にすべきです。
そうしないと、トレイに紙を入れたり、用紙の種類を変えるたびに液晶画面で今までと異なるメッセージが出てしまい、先に進みません。父のようなシニアでは非常にわかりづらいです。
次に、USBケーブルでの接続に対しても無線での接続と同じような扱いかたをしてほしいです。今回の場合、ユーザー登録の途中でプリンタを探せず登録を諦めました。
最後に、液晶画面はもっと大きく、大きな字でわかりやすくすべきです。
まあ、いろいろと製品戦略があるとは思いますが、幅広い世代に使ってもらうならば、それなりに優しいI/Fにする必要があると感じた次第です。

ネット印刷

やはり機械音痴になると、最初の設定が難しいので印刷がk視野に頼む方がベストかもしれません。
ネット印刷は安くラクスル印刷が有名で納期も早いです。
もしプリンターでお困りならラクスル印刷をおすすめします。
安いネット印刷のラクスル印刷はこちらがグッド。

最低限の機能が欲しい人は、コストパフォーマンス最高の商品

EPSON PX048A

f:id:tarumaesan42:20170126202822j:plain


機種:エプソン PX048A
使用歴:2016年10月

 

ヤマダ電機のセール品でみつけた一品

もともとプリンターを探しに電気屋さんを訪れました。
プリンターに関する知識が浅かったので店員さんにアドバイスを頂きながら、3万円以上するプリンターか最低限の機能プリンターにするか考えました。
自宅でのメインの印刷がワードやエクセルで作成した文書の印刷と年賀状の印刷程度でした。
写真の印刷は頻度が高くないこと、インク代や上質な用紙を準備するとなると1枚の印刷単価がそれほど安くはならないと考え、写真は店舗で印刷しようと決めました。
そこで最低限の機能のプリンターを探していたところ、5000円でこちらのプリンターを販売していたので購入しました。

 

互換性のインクの販売が少ないが特にトラブルはない

ワイファイの機能もついているので、コードが邪魔になることなくプリンターをPCの近くに置く必要もなく便利です。
また印刷もきれいで、問題なく使用できます。年賀状印刷もトラブルなく使用できました。
ただ、電気屋さんなどで純正以外の低価格のものを探そうとすると対応機種が少ないカートリッジのためか置いてある店舗は少なかったです。
そのため、現在はヤフーオークションなどで互換性カートリッジを購入しています。

 

コストパフォーマンスが高い商品

使い始めて、しばらくたって故障もなければ申し分ないコストパフォーマンスだと思います。
きれいな写真印刷はできませんが、文書や年賀状などの簡単なものの印刷だけを求める方にはとても向いています。
またサイズも小さく軽量なので、場所をとりません。
印刷音も静かですし、コピー機能もついているので便利だと思います。

使用頻度が低いので低価格プリンターを選択

EPSON EP-707A

f:id:tarumaesan42:20170126202710j:plain


機種:EPSON EP-707A
使用歴:2015年11月~ 1年2ヶ月

 

エディオンで安売りされていた

当時使っていたEPSONプリンターEP-801Aが購入から5年を経過して、インク詰まりが頻発することが多くなったので買い替えを検討しました。
近くのエディオンのプリンター売り場に行ったところ、セールで7380円で販売されていたので購入しました。
エディオンポイントが8000ポイントあったので実質無料で購入することができました。更に5年補償もついてきました。

 

綺麗に印刷されます

最新のインクIC80が採用されていて6色インクで発色が綺麗です。印刷するときは排出トレイを手動で引出さないといけないところが低価格プリンターであると感じさせられる部分です。
その点を除けば印刷スピードはEP-801Aよりも速く、時代の進歩を感じさせられます。年賀状印刷も問題なくこなすことができます。
WIFIを搭載しているので、パソコンがなくてもスマートフォンのアプリを使用することによって印刷することが可能になったのは驚きでした。

 

家庭用プリンター全般に言えることですが

毎日使用することがないためにどうしてもインクが詰まって発色が綺麗に出ないことが多いです。モノクロ印刷は問題ないのですが、カラー印刷で一部の色がよく出ないことが多いのが残念です。
ヘッドクリーニングをしても中々解消しないので、少なくとも週に1回印刷をしないといけないようです。
これはプリンターの価格によるものではないと思いますが、インクジェットプリンターでは避けては通れないインク詰まり問題を何とかしたいです。
その点を除けばCDやDVDのタイトル印刷もできるのでお買い得なプリンターだと思います。

元日に急遽買い替えました

キャノン MG7530

f:id:tarumaesan42:20170126202604j:plain


機種 :キヤノンMG7530
使用歴:2016年1月1日~

 

家電量販店のノジマ電気の目玉商品

古い型でしたが台数限定の目玉商品でした。持ち帰えれること、6色インクで写真プリントに適していることとコピーなどもできる複合機ということでこの機種に決めました。最新型に比べて1万円以上安かったことも決めた理由です。

 

全く問題ありません

A4サイズの写真プリントが多く、年間で200枚以上写真印刷をしています。
普通紙は白黒カラーを含めて300枚ほど印刷とコピーをします。
6色インクなので、写真もきれいに印刷できます。約1年間使用しましたが、問題は全く起きていません。
レーベル印刷用のトレイも用紙カセットに組み込まれているので、これまで使っていた機種のように別に保管する必要もなくなりました。
また、紙送りも従来は前を後ろの2箇所でしたが前だけになりすっきりしました。
ただ、紙送りの際に用紙が反転するので、写真用紙の場合、印刷面の汚れが気になり少し注意するようにしています。
電源管理もパソコンからできるので便利ですが、本体の電源スイッチが小さくて離れた場所から見ずらいと思います。
印刷開始の時は自動でカバーが開いてくれるのですが、電源オフの時には、手動で閉じないといけないのであまり便利という印象はありません。
ディスプレイは、もう少し大きい方が良いと思いますが、使いにくいことはありません。

 

旧型製品で満足

元日に印刷しようとしたら、突然、故障してしまったために急遽買い替えたのですが結果的には大満足です。
これまでもキヤノン製プリンターを使っていたので、買い替える時もメーカーで悩むことはなかったのですが、機種選定では悩みなした。
最新型にするかどうかですが、今回は6色インクで価格の安いものということで決めました。
初めて旧型製品を購入したのですが、すべての機能でトラブルらしきことは起きていませんので、前年度発売の製品であれば価格以上に楽しめると思いました。

思い立ったらすぐ検索そしてすぐ印刷

EPSON PX-048A

f:id:tarumaesan42:20170126202504j:plain


機種 :EPSON PX-048A
使用歴:2016年10月~3か月

 

プリンターロスを避けねば…

EPSONのプリンターを買う前はキャノンのプリンターをずっと使用していましたが去年の9月に突然プリンターが動作しなくなりました。
思えば我が家では私も妻も、ネットで検索しては気になる記事や料理のレシピなどすぐに印刷しておきたいタイプなものでプリンターロスは最も避けたい事態でしたのですぐさま新しいプリンターを購入することにしました。
キャノンのプリンターを修理してもよかったのですが修理費用が新品を購入するのと大差ない感じでしたし、最近はパソコンというよりスマホでもいろいろ印刷していきたいと考えていましたのでWi-Fi対応のモデルが欲しいというのも決め手になりました。
そしてコストパフォーマンスにも優れているモデルだと思いました。

 

Wi-Fiで印刷できるのか?

家の中では今までパソコンで印刷してましたので、USBでパソコンとプリンターを繋いでいるシンプルな環境でしたが最近は家族でスマホを利用しているため少し前からWi-Fiのお世話になっていました。
プリンターもその環境下で利用できたら便利だなと思っていましたが果たしてうまく印刷できるか当初は心配でした。
しかしEPSONから配布されるアプリをスマホやパソコンにダウンロードするだけでWi-Fiで簡単にプリンターを操作できました。
印刷するデータの転送に時間がかかるかと思いきや全くそんなことは感じさせずに快適に印刷すること
ができ非常に満足しております。

 

購入してみての正直な感想

インターネットで購入した値段は5980円ですが、Wi-Fi対応モデルの中でもだいぶ安いのではないでしょうか。コピーの機能もありますし
機能としては十分で満足しています。写真の画質は正直そこそこな感じがしていますがそれほど気になるものではないと思います。インク
の消費量が現在まだよくわかっていませんが長く使えるプリンターだと感じました。

6色刷りで発色が印刷方法によって多様!

キャノン MG7730

f:id:tarumaesan42:20170126202350j:plain

 

機種 キャノン MG7730
2016年2月 使用歴、1年くらい

家電量販店にプリンターを見に行き、レザープリンターまでとはいかないものの、「家庭用のプリンターとしては十分発色がきれいなインクジェットプリンターの6色刷り」のものを選びました。値段がレザープリンターより安いのも魅力の1つ。

自作のポストカードを通販で販売しているのですが、そのポストカードは自宅のインクジェットプリンターで1枚1枚制作していて、マットフォトペーパー用紙や光沢写真用紙でそれぞれ雰囲気が合うように印刷しています。印刷用紙とそれにあった「印刷方法に印刷設定に変えるだけ」で驚くほど仕上がりが違います。
同じ絵を印刷しても全く違う色合いになるのです。
マットフォトペーパーは暗い色に深みを持たせることは難しいのですが、全体的に温かみのある仕上がりに。光沢用紙は暗い色の深みが表せ、より明瞭に、はっきりとした輪郭で対象が描き出されます。
同じ印刷機を使っていてもこのように設定を少し変えるだけで幅が出来、おもしろいものになるでしょう。

「印刷機のホーム」が正面ではなく上についているため、パソコンの上に印刷機を置くと、ホームが見づらい。
印刷設定で前の世代の印刷機にはあった後ろトレイからではなく、中トレイから光沢用紙や厚手用紙、封筒の印刷をする時に、摩擦発生して紙同士がくっついて出てきてしまうため連続印刷出来ないので、面倒ではあるけれど1枚1枚印刷しなければならないのもネック。


画質品質は印刷設定できれいを選択すると時間は比較的ゆっくりなものの、印刷物自体はきれいに印刷されます。また、印刷時の音がほとんどしないのが良い点だと思われます。なので、家族が何かに集中しているとき、また、テレビを見ている時に印刷をしても全く邪魔になることはありません。

スマホのアプリから手軽に印刷できるプリンター

ブラザー DCP-J968-N

f:id:tarumaesan42:20170126202025j:plain


機種 :ブラザー DCP-J968-N
使用歴 :2016年11月~ 2か月

 

パソコン無しでスマホで年賀状印刷できるプリンター求む!

プリンター購入前の私は、約60枚ほどの年賀状のあて名書きを手書きで行っていました。
筆ペンでゆっくり書いていたこともあり、時間は2時間程度かかります、毎年の恒例でしたが流石に大変だと感じてきたので、プリンターを活用しようと思いました。
ですがパソコンが壊れていました、そこでスマホからダイレクト印刷が可能なブラザーさんの製品を買おうと決めました。

 

パソコン無しで本当に出来た

説明書にも書いてありますし、当たり前のことですが実際にやってみると確かに年賀状のあて名印刷が出来ました。
私が感動したのは、本当に操作が楽なことです。
アプリをダウンロードし、自分の住所や名前を登録、さらに送り先の住所と名前を登録、そしてプリンターに年賀状を入れてアプリの送信ボタンを押すだけでした。
パソコンを立ち上げて・・などの動作もなく、アプリを開いて完結できるので凄く楽です、買ってよかったと思いました。

 

写真は・・・微妙?

用途が年賀状のあて名でしたので、デジカメの写真をプリントすることは想定しておりませんでした。
ですが物は試しにやってみると、色合いがお世辞にも綺麗とは言えませんでした、正直、他のメーカーさんのを確認してないのでどの程度のレベルかはわかりません。
とはいえ、写真としてはイマイチです。
それ以外の操作性等でパーフェクトなので満足しています、ちなみに年賀状印刷で購入を検討されている人は12月半ばに購入するのが最も安いようでした。
私は11月に15,000円で買いましたが、12月半ばには13,000円になっていました。